《新版県史》45.宮崎県の歴史

価格
本体2,400円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 第2版 市町村合併に対応。
日向の夜明け,西都原古墳群,日向神話の世界,日向の国割,太閤検地,椎葉山騒動…と,原始時代から現代までを県民の立場から叙述
ISBN:
978-4-634-32451-0
シリーズ: 新版 県史 45
著者: 坂上康俊  長津宗重  福島金治  大賀郁夫  西川誠 
刊行:
2015年1月
仕様: 四六判
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
 風土と人間 朝日の直刺す国、夕日の日照る国
1章 文化の曙
 1 姶良カルデラの噴火と旧石器
    県内最古の旧石器
    ナイフ形石器文化と細石器文化
 2 アカホヤと貝殻文文化
    県内最古の縄文土器
    アカホヤ火山灰下の貝殻文文化
    アカホヤ火山灰による貝殻文文化の壊滅後
    貝殻文土器の復活と環状集落の出現
 3 稲作と花弁状住居
    初期稲作
    環濠集落
    花弁状住居と周溝墓
    日向の弥生文化の特色
 4 巨大古墳と地下式横穴墓
    前方後円墳の出現と三角縁神獣鏡
    [コラム]整備が進む特別史跡西都原古墳群
    巨大古墳
    前方後円墳の消滅
    [コラム]日向の装飾古墳
    山間部の首長墓
2章 古代の日向国
 1 日向国のなりたち
    諸県君と日向国造
    クマソと隼人
    令制日向国の成立
    日向神話の世界
    [コラム]宮崎県の神楽変遷史
 2 律令時代の日向国
    日向の国郡里(郷)制
    国司と郡司
    太宰府と日向国
    国府と国分寺
    駅路と交通
    律令制の諸負担と日向国
 3 受領の時代から荘園の時代へ
    受領支配の展開
    人びとの暮らし
    仏教信仰の浸透
    [コラム]今山八幡宮の祭礼
    荘園の形成
3章 開かれゆく日向の武士社会
 1 日向の荘園と領主たち
    元暦の内乱と新しい秩序のはじまり
    日向国の在来領主と東国御家人
    荘園の古老と物語
    [コラム]巨木が語る中世の日向
    仏像・石像が語る地域の様相と信仰
    [コラム]日向の守護所はどこにあったのだろう
 2 荘園の終末と土地に生きる人びと
    蒙古襲来と武士と神社
    建武政権の誕生と地域の交流
    年貢請負者たちにとっての荘園崩壊
    合戦の様相と城
    [コラム]安国寺・利生塔と足利氏の日向支配
    伊東氏の日向下向と迎えた人びと
 3 国人の時代
    勧応擾乱と京都勢力の退潮
    田島大光寺と禅僧
    今川了俊と南九州国人一揆
    [コラム]自分の身を売った人の一生
    一揆の解消と日向の国人
    港と町村にうまれたあらたな交流
4章 戦国