《新版県史》14.神奈川県の歴史

価格
本体2,400円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 第2版 市町村合併に対応。
大塚遺跡の人々・武家の都鎌倉の成立・ペリー来航と黒船見物など,原始時代から現代までを県民の立場から叙述。写真・地図も豊富に掲載。
ISBN:
978-4-634-32141-0
シリーズ: 新版 県史 14
著者: 大貫英明  神崎彰利  福島金治  西川武臣 
刊行:
2013年12月
仕様: 四六判  ・  368ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
 風土と人間 相武の地
1章 狩人から農耕の民へ
 1 赤土のなかの文化
    ゾウを追ってきた人びと
    相模野の石器群
    [コラム]1981年、橋本遺跡の夏
    土器の出現と生活の変化
 2 村の成立と文化圏
    神奈川の縄文文化
    [コラム]夏島貝塚の捕虜
    狩猟と採集による生活
 3 農耕と王権の成立
    稲作をめぐる人びと
    濠に囲まれたムラ
    [コラム]池子の村
    相模川と鶴見川流域の古墳
    記紀の伝承と相武
    [コラム]デイラボッチの伝説
2章 都の支配と自立への道
 1 相模国と武蔵国の成立
    国府と国分寺
    地名に隠された古代の郷
    相武の街道と古社寺
    [コラム]火葬墓と渡来人
 2 律令下の人びと
    人びとの負担と苦役
    台地や山間に広がる村々
    僦馬の党から内乱へ
 3 勃興する武士と相模国の位置
    荘園の成立と相模の領主
    [コラム]伝承と縁起にみる平安時代の相模国
    国司と京都
3章 都市鎌倉の誕生と周辺村落
 1 鎌倉幕府の成立と相模国
    武家の都・鎌倉の成立
    鎌倉と相模国
 2 鎌倉と領主,そして周囲の人びとの生活
    都市鎌倉の領域と生活
    鎌倉と周辺の村落
    [コラム]絵巻に描かれた町の姿―箱根と大磯
    鎌倉人の年中行事
 3 鎌倉が受け入れたもの,生み出したもの
    武士と寺社の裁判
    [コラム]境川流域の領主・俣野氏の屋敷
    石塔と南都からの技術の移入
    中国の文物輸入と鎌倉に芽生えた宗教 
4章 うち続く戦乱とあらたな地域の形成
 1 内乱と相模国
    幕府滅亡と相模国の領主
    [コラム]鎌倉幕府滅亡後の北条一族
    鎌倉府の成立と関東公方
    聖たちと村の暦
 2 鎌倉府と相模国
    上杉氏の支配と六浦・神奈川
    上杉禅秀の乱
    公方の専制化と上杉氏
 3 「有徳人」の時代
    足利成氏年中行事と鎌倉・相模
    動く梵鐘,あらたな刻銘
    食べ物と人びとの暮らし
5章 戦国大名北条氏と土地に生きる人びと
 1 小田原北条氏の領国形成
    太田道灌から伊勢宗瑞へ
    北条氏の印判状と領国支配