《新版県史》43.熊本県の歴史

価格
本体2,400円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 第2版 市町村合併に対応。
火の国の誕生,火の国と大和朝廷,律令制下の肥後国,武家政権の成立と蒙古合戦……と,原始時代から現代までを県民の立場から叙述。
ISBN:
978-4-634-32431-2
シリーズ: 新版 県史 43
著者: 工藤敬一  猪飼隆明  松本寿三郎  板楠和子 
刊行:
2012年3月
仕様: 四六判  ・  376ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
 風土と人間 九州の中心部を占める
1章 火の国の形成
 1 大自然の変化と人びとの営み
    火山灰土に生きる狩人たち
    貝塚と土偶
    稲と塩と鉄
 2 火の国と大和朝廷
    前方後円墳の被葬者たち
    ワカタケル大王と部民
    磐井の乱と春日部屯倉
    [コラム]阿蘇山噴火
2章 律令国家の成立と展開
 1 肥後国と律令制
    白村江の戦いと合志郡壬生諸石
    国府と軍団
    [コラム]鞠智城
    肥後守道君首名と「卒伝」
    木簡が語る税制
    郡家と郡家別院
    車路と蚕養駅
    官牧と大宅牧
 2 律令社会の変化と大国肥後
    白亀献上と新王朝成立
    財政再建の試み「公営田」
    [コラム]消えゆく碑文
    飽田郡司建部公(君)一族
    飽田国府と水門郷
    池辺寺根本中堂と百塔
    小岱山と日置部氏
3章 武家権力の成立と蒙古襲来
 1 武士団の形成と内乱
    九州武士団の特色と菊池氏・阿蘇氏
    [コラム]米原長者と駄の原長者
    院政期の在地情勢
    養和の内乱
 2 武家政権の成立と荘園公領
    鎌倉幕府体制の成立
    [コラム]在地領主の浮沈
    肥後の荘園公領制
 3 蒙古襲来と社会の転換
    蒙古合戦と肥後の武士たち
    竹崎季長と『蒙古襲来絵詞』
    得宗専制
    大百姓徳王丸西仏
 4 中世肥後の宗教文化
    浄土教の浸透
    大慈寺と満願寺
4章 内乱から地域的世界へ
 1 肥後の南北朝内乱
    博多合戦と肥後の建武政権
    内乱のはじまりと菊池氏
    肥後の観応の擾乱
    筑後川の戦いと征西府
    征西府の崩壊と今川了俊の肥後制圧
 2 地域的世界の展開と交流
    菊池氏と守護府隈府
    二つの阿蘇大宮司家と浜の館
    相良氏の八代進出
    天草五人衆
    高瀬・河尻・八代
 3 隣国勢力の肥後侵攻
    菊池氏の滅亡と守護職の争奪
    龍造寺氏の侵攻と島津氏の肥後制圧
    [コラム]合勢川の戦い
5章 藩の成立と展開
 1 秀吉の九州仕置
    佐々成政と国衆一揆
    加藤清正と小西行長
    朝鮮出兵
    清正軍の将沙也可ら朝鮮