《新版県史》37.香川県の歴史

価格
本体2,400円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 運ばれるサヌカイト,海の豪族,空海と円珍,屋島合戦,守護後藤基清,荘園柞田荘……と,原始時代から現代までを県民の立場から叙述。
ISBN:
978-4-634-32371-1
シリーズ: 新版 県史 37
著者: 丹羽佑一  木原溥幸  田中健二  和田仁 
刊行:
2011年11月
仕様: 四六判  ・  376ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
 風土と人間 瀬戸内海に育まれた讃岐
1章 讃岐の夜明け
 1 ゾウをみた日
    不思議な石器
    運ばれるサヌカイト
    瀬戸内の落日
 2 イルカをみた日
    広がる海
    海と森の生活
    海からきた文化
    [コラム]神送り
 3 銅鐸をみた日
    海を渡るムラ
    海をみつめるムラ
    [コラム]六体の土偶
    青銅のムラ
2章 讃岐の豪族と古代国家
 1 王をみた日
    連合する王
    [コラム]三豊の古墳時代
    海を渡る棺
    奪われる王権
 2 冑をみた日
    武装する豪族
    海の豪族
    祈る豪族
 3 律令体制下の讃岐国
    郡郷と条里
    讃岐の古代豪族
    空海と円珍
    特産物の貢納
 4 王朝国家と讃岐国
    律令国家から王朝国家へ
    院政時代の讃岐国
 5 荘園の成立
    封戸と初期荘園
    寄進地系荘園の成立
    [コラム]讃岐守藤原憲房と里海荘
3章 讃岐武士と中世社会
 1 鎌倉幕府の成立と讃岐国
    屋島合戦
    讃岐守護後藤基清
    讃岐国の地頭・御家人
    寺社の興隆と新仏教の受容
    [コラム]異敵降伏祈禱
 2 荘園制の確立
    讃岐国の荘園制
    公領の変質
    荘園と公領
    [コラム]塩飽氏と塩飽荘
    日吉社領柞田荘
 3 守護支配の展開と讃岐国人
    細川氏と讃岐国
    京兆家の讃岐支配
    [コラム]貧乏な讃岐国人
    京兆家と讃岐国人
    港と島々の支配
    仁尾浦神人と代官香西氏
 4 内海水運の発達と讃岐の港
    『兵庫北関入船納帳』
    讃岐の港と船
    塩飽船と塩飽衆
 5 讃岐の戦国
    讃岐国人の活躍
    戦国の争乱
4章 幕藩体制社会の確立
 1 藩の成立と政治
    高松生駒藩と御家騒動
    丸亀山崎・京極藩
    高松松平藩
    幕領と朱印地
    [コラム]小豆島の大坂城石丁場跡
 2 ため池と農民
    満濃池の再築
    検地と年貢
    水争い
    [コラム]雨乞踊り
 3 高松・丸亀城下町
    高松城・丸亀城築城と城下町
    「高松城下図屏風」