10.1905年 革命のうねりと連帯の夢

価格
本体3,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 革命と動乱のさなかにあったユーラシア各地で人々は連帯の声を上げる。それは時に共鳴を呼び、時に激しい衝突を招いた。それぞれの地域で活躍した人物に焦点を当て、時代のはらむ緊張を描く。
ISBN:
978-4-634-44510-9
シリーズ: 歴史の転換期 10
著者: 小松久男 
刊行:
2019年3月
仕様: 四六  ・  288ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はしがき

総論 革命のうねりと連帯の夢          小松久男

一章 サッタール・ハーンのイラン立憲革命    八尾師 誠
 1 近現代イラン史の展開と立憲革命
 2 イランのなかのアゼルバイジャン、そしてタブリーズ
 3 立憲革命の英雄サッタール・ハーン
 4 激動のタブリーズ蜂起
 5 ルーティーたちのその後

二章 「ロシア・ムスリム」の出現        長縄宣博
 1 一九〇五年革命とロシアのムスリム
 2 多宗教帝国の軋み
 3 ニコラエフスキー駅へ
 4 社会主義に傾斜する青年たち
 5 ムスリム公共圏のその後

三章 イクバールのロンドン           山根 聡
 1 インド・ムスリムの覚醒
 2 植民地インドにおける近代化とムスリム
 3 ムスリムの自覚とイクバール
 4 転換の一九〇五年

四章 転換期の憲法               藤波伸嘉
 1 「東方問題」とクレタ
 2 メガリ・イデアの盛衰
 3 ヴェニゼロスの時代
 4 オスマン帝国と立憲政
 5 帝国の解体と国制の転換

コラム   風刺雑誌『モッラー・ナスレッディーン』
   ロシア軍の従軍イマーム


参考文献/図版出典・提供一覧