中央ユーラシア史研究入門

価格
3,300円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 中国からヴォルガ・ウラル・コーカサスまで広汎な中央ユーラシア地域の研究を、時代・地域別に解説。ソ連解体後、自立をはたした国々の最新の研究成果も満載。参考文献やオンライン情報など基本データを網羅した入門書の決定版。
ISBN:
978-4-634-64087-0
著者: 小松久男  荒川正晴  岡洋樹  林俊雄  久保一之  井上治  石濱裕美子  濱本真実  前田弘毅  梅村坦  濱田正美  向正樹  森川哲雄  野田 仁  中見立夫  塩川伸明  稲葉穣  武田和哉  宇野伸浩  松田孝一  木村暁  柳澤明  杉山清彦  小沼孝博  長縄宣博  宇山智彦  鈴木宏筋  吉田順一  堀直  吉田豊  影山悦子  佐藤貴保  赤坂恒明  堀川徹  岩尾一史  二木博史  白須淨眞  澤田稔 
刊行:
2018年4月
仕様: 四六  ・  424ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
第Ⅰ部
 総説    小松久男
 第1章 騎馬遊牧民の誕生と発展
    ――スキタイ時代から突厥・ウイグルまで    林俊雄
 第2章 オアシス都市の発展――古代~前モンゴル期
  1 東トルキスタン    荒川正晴
  2 西トルキスタン    稲葉 穣
 第3章 遼・金・西夏の時代    武田和哉
  1 遼(キタイ・契丹)
  2 金(ジュシェン・女真)
  3 西夏(タングート・党項)
 第4章 モンゴル帝国の成立と展開    宇野伸浩•松田孝ー
 第5章 ポスト・モンゴル期
  1 チャガタイ・ウルスからティムール朝へ    久保一之
  2 ウズベク諸ハン国とカザフ    木村暁
  3 元朝北遷からリグデン・ハーンまで  井上治
 第6章 チベット,モンゴル,満洲に広がる仏教世界の成立と展開    石濱裕美子
 第7章 露清関係の展開と中央ユーラシア    柳澤 明
 第8章 清朝から現代へ
  1 中央ユーラシア国家としての清朝    杉山清彦
  2 清代以後のモンゴル    岡洋樹
  3 清代以後の新疆    小沼孝博
 第9章 帝政ロシア・ソ連時代およびソ連解体後
  1 ロシアと中央ユーラシア草原    濱本真実
  2 ヴォルガ・ウラル地方    長縄宣博
  3 中央アジア――カザフ草原とトルキスタン    宇山智彦
  4 コーカサス    前田弘毅
◆コラム
1 古代テュルク帝国を問い直す    鈴木宏節
2 騎馬遊牧民    吉田順一
3 ウイグルの定住化    梅村 坦
4 オアシスについて    堀 直
5 マニ教絵画資料    吉田 豊
6 サマルカンド出土「外国使節の間」の壁画    影山悦子
7 中央ユーラシアのイスラム化とテュルク化    濱田正美
8 西夏の出土文字資料    佐藤貴保
9 海域世界のモンゴル    向正樹
10 ジュチか, それともジョチか    赤坂恒明
11 中央アジア古文書研究セミナー    堀川 徹
12 モンゴル史研究とモンゴル年代記    森川哲雄
13 吐蕃    岩尾一史
14 カザフをめぐる露清関係    野田 仁
15 モンゴルの外邦図    二木博史
16 大谷探検隊の活動と外務省外交記録   白須淨眞
17 「中央ユーラシア」の境界    中見立夫
18 著述家ムハンマド 
第II部
 第1章 中央ユーラシア史全般に関する参考文献
 第2章 各章に関する参考文献

◆付録
年表
系図
文法書と辞書
史資料の閲覧・検索に有益なサイト