8.1789年 自由を求める時代

価格
本体3,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: フランス革命の年として意識される1789年に、世界各地はどのような状況であり、人々の意識は何に向けられていたのだろうか。ロシアの毛皮商人から東南アジアの海賊まで、世界各地でみられた政治的自由・経済的自由を求める動きを当時の資料にあたりながら追う。
ISBN:
978-4-634-44508-6
シリーズ: 歴史の転換期 第8巻
著者: 島田竜登著・編  太田淳  熊谷幸久  松嶌明男  森永貴子 
刊行:
2018年8月
仕様: 四六  ・  296ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はしがき

総論 自由を求める時代       島田竜登

一章 近代への転換点であるフランス革命    松嶌明男
 1 一七八九年に世界の何が変わったのか
 2 三十年戦争と革命以前の「支配的宗教」
 3 「支配的宗教」の克服と学問・芸術
 4 フランス革命による教育政策
 5 フランス革命期行政史料の実地調査

二章 毛皮が結ぶ太平洋世界    森永貴子
 1 ロシアの毛皮事業とシベリア進出
 2 啓蒙主義時代の太平洋探検
 3 自由な貿易活動を求めて
 4 毛皮貿易をめぐる国際競争
 5 ロシア領アメリカの経営

三章 東南アジアの悔賊と「華人の世紀」    太田 淳
 1 商業の時代とその崩壊
 2 中国市場の成熟と東南アジアとのリンク
 3 東南アジアのネットワークとリアウの盛衰
 4 東南アジア地域秩序の変容
 5 東南アジアと世界の人々が求めたもの

四章 スコットランドの自由貿易運動    熊谷幸久
 1 十八世紀後半のイギリス東インド会社による東インド貿易とその限界
 2 グラスゴーにおける東インド委員会の設立と一八一〇年代前半の自由貿易運動
 3 一八二九~三三年にかけての中国貿易の自由化問題

五章 インド洋西海域と大西洋における奴隷制・交易廃絶の展開    鈴木英明
 1 大西洋奴隷交易の展開と奴隷廃絶運動
 2 インド洋西海域南部
 3 インド洋西海域北部