近現代史を詳述、Bにつながる教科書
出来事の背景など、起承転結が明快に書かれている
著者からのメッセージ
著者:近藤 和彦 先生
現代世界の成り立ちが的確に理解できる構成
世界史は21世紀を担う次世代の日本人の常識を作る重要な科目です。
『現代の世界史』はそれにふさわしい教科書として、現代世界の成り立ちが的確に理解できるように制作しました。
16世紀ころから世界は一体化し、地球はあたかも1つの身体のように動き反応しますが、頭と手と内臓と足は各パーツとしての特徴もはっきりさせています。
この教科書では、第1部で各パーツたる地域世界が育んだ宗教・政治・文化の特徴を示し、徐々に互いに影響し合い、ときに対抗しながらせめぎ合ってゆく姿を追います。
第2部で帝国主義以降、植民地、世界戦争、高度の科学技術、民主主義の展開を、現代社会の特徴を考えながら扱います。
「革命の時代の意義」といった歴史理解に必要なコラムも充実しているので、是非ご覧下さい。