《日本史リブレット人》071. 西郷隆盛 明治維新の先覚者

価格
880円 (税込)
在庫: 未刊
解説: 明治維新の功労者とたたえられ、反乱を起こしてもなお、今も多くの人びとにしたわれている西郷隆盛。西郷の残した手紙や当時の記録をもとに、激動の幕末・維新期に、いかに日本をリードしたかを描く。

※2022/1/31新刊配本予定
ISBN:
978-4-634-54871-8
シリーズ: 日本史リブレット人 71
著者: 德永和喜 
刊行予定:
2022年1月
仕様: A5変  ・  120ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
明治天皇と西郷隆盛

幕末政治への登場
西郷遠島赦免と背景/八月十八日の政変工作/西郷の政局分析/公武合体派の体制整う

幕府政治の混乱
課題は攘夷と長州藩処置/長州藩の反発/禁門の変/禁門の変の処罰/西郷書翰にみる長州処分の経過/長州処分問題の解決

幕府の長州征討
幕府の露骨な強硬策/長州再征令/薩摩藩の対応と幕府離反/長州再征/戦況/薩長盟約/龍馬の活躍/薩長盟約の内容/薩摩藩の列侯会議推進と挫折/列侯四藩の隔壁/討幕の密勅降下

新政府の誕生
王政復古/小御所会議/鳥羽・伏見の戦い/江戸城総攻撃/幕府との交渉/江戸城開城と彰義隊の抵抗/奥羽越列藩同盟/廃藩置県/廃藩置県の断行

岩倉使節団派遣と留守政府
条約改正の必要性/岩倉使節団派遣/留守政府の政策/警察制度/宮中改革/封建諸制度の撤廃と新制度/西郷の使節派遣論/閣議決定くつがえる

西南の役
西郷の下野/集義塾の設立/私学校徒の動きと政府/熊本鎮台攻防戦/西郷軍の挙兵/戦況/鹿児島裁判所裁判官の上表文と長崎裁判