068.土方歳三と榎本武揚 幕臣たちの戊辰・箱館戦争

価格
本体800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 新政府軍に敗れた旧幕兵たちは、甲州から奥州、箱館へと転戦してゆく。激動の幕末に旧幕陸軍・海軍のキーパーソンとして活躍した土方歳三と榎本武揚を取り上げ、幕府の解体過程を辿りつつ、二人の生き様を描く。
ISBN:
978-4-634-54868-8
シリーズ: 日本史リブレット人 68
著者: 宮地正人 
刊行:
2018年7月
仕様: A5変  ・  120ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
江戸開城の構図はいかなるものだったか
1.鳥羽・伏見戦争時にいたる土方と榎本
2.旧国家幕府解体の諸問題
3.江戸開城時にいたる土方と榎本
4.船橋戦争・遊撃隊・上野戦争
5.戊辰戦争時の土方・新撰組・旧幕海軍
6.土方・榎本の箱館戦争
土方・榎本・勝の位置づけ