《新体系日本史》4.政治社会思想史

価格
4,620円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 日本での政治的社会の成立から1945年の日本の敗戦までの総過程における日本人の自覚的意識のあり方とその変化を解明した通史。研究の現段階に即応して六つの時代に区分し,各時代の思想的動向を正確に把握できるよう,政治思想と社会思想に分けて叙述。
ISBN:
978-4-634-53040-9
シリーズ: 新体系日本史 4
著者: 河内祥輔  藤井讓治  栄沢幸二  大平聡  西山良平  上杉和彦  新田一郎  榎原雅治  若尾政希  頼祺一  菊池勇夫  佐藤能丸  赤澤史朗  宮地正人 
刊行:
2010年10月
仕様: A5判  ・  452ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:

Ⅰ 古代の政治社会思想
1章 古代の政治思想
 1 「治天下」の認識
   政治的世界の形成/二世紀における中国との通交/
   邪馬台国以後の倭人社会/七支刀銘文と高句麗広開土王碑文/
   『宋書』倭国伝の「倭の五王」/倭国内部の秩序形成/
   東・西・北方の領域認識/被冊封国の「天下」認識
 2 国家形成と世界認識
   倭王武の限界性と六世紀の王権/政治的秩序の形成と国造/
   推古朝の対等外交の主張と天孫意識/倭王の「大国」認識/
   東アジア情勢の緊迫化と倭国の中央集権化
 3 律令国家の成立
   天武政権の誕生と天皇号の成立/
   天智天皇の和風諡号と天命思想/天命思想と「天孫降臨」神話/
   国土支配の完成と中華思想/律令国家の儒教思想/
   神祇体系の再編と国家仏教/君主観の展開
 4 平安時代の国家と政治思想
   新皇統、桓武天皇の誕生/宮の構造と変化/
   新羅認識の変化と中華思想の歴史認識化/
   王土王民思想の形成と世界観の変化/矮小化する国家認識/
   承平・天慶の乱と対外関係
2章 古代の社会思想
 1 古代百姓の社会的性格
   百姓と律令制国家/百姓と国司苛政上訴
 2 律令制国家と百姓
   百姓と百姓身分/百姓款・百姓愁状の展開
 3 百姓の太政官越訴
   越訴の展開/百姓の国司越訴
 4 郡司・百姓の国衙襲撃
   対馬・石見の国衙襲撃/愁訴と国衙襲撃
 5 公門上訴と「門下」上訴
   公門上訴の始原/国司苛政上訴の転成/門下上訴と門下濫吹
 6 古代百姓論の展望
   古代百姓の転変/公門上訴の意義

Ⅱ 中世の政治社会思想
1章 中世前期の政治思想
 1 本章の課題
 2 朝廷の秩序と理念
   神国思想と朝廷/[コラム]平将門と「新皇」/平安時代の朝廷/
   摂関の主導による朝廷再建運動/朝廷再建の精神
 3 朝廷の動揺と再建運動
   保元の乱/平治の乱/治承三年政変/一一八〇年代内乱
 4 朝廷・幕府体制の成立と展開
   朝廷・幕府体制の成立/承久の乱と朝廷再建運動/
   朝廷再建運動の展開と終焉
 5 本章のまとめ
2章 中世前期の社会思想
 1 中世前期の民衆としての「百姓」
   課題の設定/中世前期の百姓層
 2 荘園支配体制をめぐる百姓層の意識
   百姓層の解文・申状/