宗教社会史

価格
本体4,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 日本宗教の特性を歴史的に社会との関わりの中で解明する。通史編は黎明期から各時代及び,琉球・アイヌ社会の宗教を,テーマ編は現代との関連から主題を設定し,通史的に概観する。
ISBN:
978-4-634-53150-5
シリーズ: 新体系日本史 15
著者: 高田陽介  西田かほる  細川涼一  神田千里  澤博勝  赤嶺政信  高埜利彦  曾根正人  平雅行  安田次郎  勝浦令子  保坂裕興  佐々木利和  中島圭一  谷本晃久  榎原雅治  杣田善雄  三浦俊明 
刊行:
2012年3月
仕様: A5判  ・  512ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はじめに
Ⅰ 時代概観
1章 日本宗教の形成と社会
 1 古代日本宗教史の問題点
   黎明期日本宗教史料の限界/古代日本宗教の独自性
 2 日本宗教の黎明
   仏教以前/仏教の伝来と受容/「カミ」と「ホトケ」
 3 古代国家祭祀の創出
   神祇祭祀の構築/国家仏教の構築
 4 信仰の展開
   僧尼と民衆/神と仏
 5 古代仏教と古代宗教の成立
   国家祭祀の完成/日本宗教の祖型
2章 中世宗教の成立と社会
 1 古代宗教の中世化
   宗教政策の転換/浄土教の展開
 2 顕密仏教と中世国家
   顕密仏教の隆盛/顕密仏教と民衆/国祈禱体制と本末関係
 3 鎌倉仏教の展開
   仏教改革運動/鎌倉幕府の宗教政策/異端思想
 4 中世宗教と社会
   宗教の時代/出家入道の登場/神仏同体論/
   ケガレ文化と肉食忌避
3章 中世宗教の展開と社会
 1 室町時代の顕密寺社
   王法と仏法/国家的法会・祈禱/義満の祈禱/
   王家・貴族・国人子弟の入寺
 2 禅律の活動
   禅と顕密勢力/五山と室町幕府/西大寺流の消長/
   禅律僧と社会
 3 戦国期の権力と宗教
   戦国武将の信仰/戦国期権力と寺社/一向宗
 4 地域の社会と寺社
   在地寺社/「禅衆」の台頭/村堂・村鎮守、地下堂/講
 5 民衆の熱狂
   開帳・逆修/抜参り・巡礼・納骨/盆と風流/一揆
4章 近世社会と宗教
 1 織豊政権期の宗教
   織田信長と宗教/豊臣政権とキリスト教/
   豊臣政権の寺社統制政策
 2 江戸幕府と宗教制度
   「王法為本」 - キリスト教・日蓮宗不受不施派弾圧/
   王権(幕府・朝廷)による祈禱/仏教・修験道の制度/
   神道・陰陽道の制度
 3 幕藩社会と宗教
   地域社会と寺院・寺社・堂/多様な宗教者/
   あらたな信仰 - 死生観の変容
 コラム 蝦夷三官寺と幕府の宗教政策
5章 琉球の宗教
 1 琉球の宗教と女性
   琉球王国/御嶽/女性神官制度/王権を支える神女たち
 2 王府の宗教政策
   向象賢の登場/祭祀規制/「時よた」の禁圧/「生霊」をめぐって/
   祖先祭祀の成立
 3 外来の宗教
   仏教/日本神道
 4 おわりに
6章 アイヌの宗教
 1 イオマンテ、そしてクマ
   ある投書/霊的存在としてのクマ
 2 アイ