都市史研究 1 2014

価格
本体3,800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 2013年12月に設立された都市史学会の会誌の第1号。投稿論文・研究ノートなどのほか、創設記念行事のシンポジウム「都市史の現在Ⅰ」の報告を小特集として掲載。
ISBN:
978-4-634-52751-5
シリーズ: 都市史研究
著者: 都市史学会 
刊行:
2014年11月
仕様: 168ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
刊行にあたって/都市史学会設立趣意

論文
  平安前期の都市維持管理政策とその歴史的意義
  港市横瀬浦の都市史 - キリシタン集落と教会を中心に
研究ノート
  鎌倉市今小路西遺跡出土の結番交名木札について
  十四 - 十六世紀のイタリアにおける都市空間の変容
  十五世紀フィレンツェのサンタ・マリア・デル・カルミネ聖堂に
    おける宗教劇と兄弟会
  都市的空間としての近世草梁倭館
小特集 都市史の現在Ⅰ
  シンポジウムの開催について
  都市とはなにか - もしくは分配と交換の正義の体現
  日本中世都市史研究の二〇年
  日本近世都市史
  アジアの都市史 - 都城比較研究の地平
  中世フランスにおける「領域」史研究の現在
新刊紹介
  片山伸也著『中世後期シエナにおける都市美の表象』
  陣内秀信・高村雅彦編『水都学Ⅰ』
  海津一朗編『中世都市根来寺と紀州惣国』
  河内将芳著『日蓮宗と戦国京都』
  北村優季著『平城京成立史論』
  井上満郎著『人をあるく 桓武天皇と平安京』
  新宮学編『近世東アジア比較都城史の諸相』
寄稿
  鎌倉末・南北朝の円覚寺門前屋地
会告
  都市史学会規約
彙報
  論文募集規程

英文目次・欧文要旨