《史学会シンポジウム叢書》山里の社会史

価格
4,840円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 近世の山里を素材として,どのような研究動向が見られるのか,また固有な論点は見いだせるのか,そして山里の歴史社会は現代に何を問いかけているのかを探る。2008年史学会大会日本近世史部会のシンポジウムをもとに編集。
ISBN:
978-4-634-52357-9
シリーズ: 史学会シンポジウム叢書
著者: 吉田ゆり子  吉田伸之  武部愛子  江下以知子  齊藤紘子  前澤健  後藤雅知  町田哲  脇野博 
刊行:
2010年3月
仕様: A5判  ・  336ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はしがき・・・後藤雅知
Ⅰ部 林産物と山里
 1章 十八世紀中期岩槻藩房総分領における堅炭生産の構造・・・後藤雅知
  はじめに
  1 奥山御林の利用形態
  2 勝浦藩領下での堅炭請負
  3 明治三年以降の堅炭生産
  おわりに
 2章 川越藩の江戸城御用炭納入システム・・・武部愛子
  はじめに
  1 「炭焼御記録」について
  2 生産から納入(消費)の諸局面
  おわりに
 3章 榑木成村と地域社会 - 榑木代金納の開始と買い納め村・・・前澤健
  はじめに
  1 年貢榑木代金納と買い納め村
  2 地域社会の動きと榑木成村
  おわりに
Ⅱ部 山里の人びと
 1章 「家」の記録 - 信濃国『熊谷家伝記』の史料的検討・・・吉田ゆり子
  はじめに
  1 「佐藤本」の史料的性格
  2 「宮下本」の史料的性格
  3 再び失われた『熊谷家伝記』
  おわりに
 2章 山里の社会集団 - 杣と日用・・・脇野博
  はじめに
  1 畿内山里の杣
  2 木曾の山里と杣・日用
  3 多様な山里の材木伐出
  おわりに
 3章 明治十年代前半の山林開発と地域 - 東京石灰本会社と諏訪郡湊村の官林・・・江下以知子
  はじめに
  1 東京石灰本会社について
  2 石灰会社の開発と諏訪・上伊那地方の山林
  3 諏訪郡湊村の場合 - 「立木払下」の意味
  おわりに
Ⅲ部 山里の社会=空間構造
 1章 近世阿波山村の名と「壱家-小家」関係の特質 - 美馬郡東端山の村落秩序・・・町田哲
  はじめに
  1 東端山と名
  2 享保期の村方騒動
  3 東端山の諸相 - 平野名・陰名を中心に
  おわりに
 2章 泉州泉郡春木川村の村落秩序と山の用益・・・齊藤紘子
  はじめに
  1 近世春木川村の山と耕地
  2 村山における用益の展開 - 文政期の山論から
  3 近世末~明治期初頭の山の用益 - 蜜柑畑開墾をめぐって
  おわりに
 3章 山里の分節的把握 - 信濃国伊那郡清内路村を事例として・・・吉田伸之
  はじめに
  1 清内路村と支配秩序
  2 清内路山
  3 百姓持林と莨作
  おわりに
あとがき・・・吉田伸之