《史学会シンポジウム叢書》身分的周縁と地域社会

価格
4,620円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 2011年の史学会大会でおこなわれたシンポジウム「身分的周縁と地域社会」の成果。近世の寺院・神社社会の内部構造を明らかにし,各地域社会における寺院・神社社会の位相を捉え,新たな近世社会像を描く。
ISBN:
978-4-634-52362-3
シリーズ: 史学会シンポジウム叢書
著者: 吉田伸之  塚田孝 
刊行:
2013年3月
仕様: A5判  ・  320ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はしがき
Ⅰ部 大坂とその周辺
 1章 近世大坂の垣外仲間と四天王寺
  はじめに
  1 寛政八年、代官による天満垣外長吏・小頭処罰一件
  2 安永五年、四天王寺による忠治・孫七処罰一件
  3 弘化二年、大坂絵図「非人村」記載一件と扶持・帯刀一件
  4 四天王寺の用向きと公辺御用
  おわりに
 2章 近世大坂生玉神社の境内と門前町
  はじめに
  1 触の伝達と境内・朱印地
  2 馬場筋・馬場先
  3 門前町と茶屋
  おわりに
 3章 明治前期における泉州泉郡南王子村と信太地域
  はじめに
  1 近世の信太地域と聖神社
  2 信太山の変化
  3 山の用益変化と地域
  4 明治初期の南王子村排斥運動
  5 明治一〇年代の聖神社
  おわりに
 4章 本末帳に載らない「無本寺」寺院
      - 摂津国八部郡・再度山大龍寺
  はじめに
  1 再度山大龍寺と福原庄六ヶ村
  2 延享・寛延期の争論
  3 安永・天明期の一件
  4 看住の出自と、その後の大龍寺
  おわりに

Ⅱ部 東日本 - 下伊那・越後・江戸
 5章 信州下伊那の寺社と芸能者
  はじめに
  1 開善寺と簓
  2 立石寺と立石村米山の簓
  おわりに
 6章 南信地域における神職の組織編成と社会変容
  はじめに
  1 島田村八幡宮と在方神職
  2 鎮西野村大山田神社と社家の編成
  おわりに
 7章 寺院領主と地域社会 - 一行院不帰依一件をめぐって
  はじめに
  1 一行院不帰依一件の発端
  2 一山、領民と住職一行院の対立
  3 寛永寺執当役所の対応
  おわりに
 8章 北品川の寺社門前
  はじめに
  1 品川十八ヶ所寺社門前
  2 東海寺と三門前
  3 三門前の社会構造
  おわりに

あとがき