《新版世界各国史》5.東南アジア史Ⅰ 大陸部

価格
4,070円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: ミャンマー,タイ,ラオス,カンボジア,ベトナム5カ国の歴史を,東南アジアという広い文脈のなかに位置づけながら明らかにした本格的通史。
ISBN:
978-4-634-41350-4
シリーズ: 新版 世界各国史 5
著者: 石井米雄  桜井由躬雄  新田栄治  伊東利勝  飯島明子  北川香子  根本敬  村嶋英治  末廣昭 
刊行:
1999年12月
仕様: 四六判  ・  628ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 東南アジアの大陸部世界
  1 東南アジアの地域認識
  2 大陸東南アジアの生態的背景

Ⅰ 東南アジア諸地域の形成
第一章 先史時代
  1 稲作が始まるまで
  2 水稲農耕社会の展開
  3 金属器の登場
  4 国家の成立と活発な交易
第二章 紅河の世界
  1 北属期の紅河デルタ
  2 大越国の誕生
第三章 南シナ海の世界
  1 林邑
  2 占城
第四章 メコン・サルウィン川の世界
  1 扶南-最初の東南アジア域内ネットワーク
  2 先アンコール
  3 モンの世界
  4 後期アンコール
第五章 イラワジ川の世界
  1 イラワジ川流域の古都市
  2 パガン
第六章 上座仏教世界
  1 北方タイ人諸王国
  2 シャム諸王国
  3 ポスト・パガン
第七章 亜熱帯のなかの中国文明
  1 陳朝
  2 前期黎朝

Ⅱ 世界のなかの東南アジア
第一章 ベトナム世界の形成
  1 「交易の時代」のなかのベトナム
  2 「ポスト交易」の時代のベトナム
  3 西山朝の成立-ベトナムの孤立
  4 阮朝のベトナム
  5 嗣徳年間の危機
第二章 ポスト・アンコール
  1 ポスト・アンコール時代とは
  2 「交易の時代」のカンボジア
  3 内乱の時代
第三章 シャム世界の形成
  1 後期アユタヤ(1569~1767年)
  2 ラタナコーシン朝
第四章 帝国ビルマの形成
  1 タウングー朝とニャウンヤン朝
  2 コンバウン朝
第五章 植民地下のベトナム
  1 植民地の形成
  2 植民地ベトナムの経済開発と社会変動
  3 民族運動の世紀
  4 第二次世界大戦下のベトナム
  5 第一次インドシナ戦争
第六章 植民地下の「ラオス」
  1 植民地下の「ラオス」
第七章 植民地下のビルマ
  1 イギリス領ビルマの形成
  2 ビルマ民族主義
  3 日本占領下のビルマ
  4 独立とウー・ヌ時代
第八章 タイ近代国家の形成
  1 王権の拡大(1868~1932年)
  2 立憲王制(1932~57年) 
Ⅲ 現代の東南アジア
第一章 戦場から市場へ-激動のインドシナ
  1 戦間期のインドシナ
  2 第二次インドシナ戦争
  3 インドシナの戦後
第二章 軍部独裁下のビルマ
  1 ネィ・ウィン体制
  2 軍事政権と民主化運動
第三章 「国の開発」-タイの試み
  1 サリット首相の開発体制
  2 ベトナム戦争と軍事政権の崩壊
  3 「半分の民主主義」と経済の構造調整
  4 経済ブーム・政治改革・経済危機
  5 新しい東南アジア地域史研究

付録
索引/年表/参考文献/王朝系図/写真引用一覧