《新版世界各国史》9.西アジア史Ⅱ イラン・トルコ

価格
3,850円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: アラブとは言語や民族を異にし,異質な歴史が展開されたイラン・トルコ・アフガニスタン。古代から現代国家成立にいたる過程を叙述する。
ISBN:
978-4-634-41390-0
シリーズ: 新版 世界各国史 9
著者: 八尾師誠  清水宏祐  羽田正  井谷鋼造  新井政美  林佳世子  永田雄三  川瀬豊子 
刊行:
2002年7月
仕様: 四六判
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 「イラン」「トルコ」の世界
第一章 古代オリエント世界
  1 都市の成立と発展
  2 前二千年紀の変化
  3 前二千年紀末から前一千年前半の政治情勢
  4 アカイネメス朝ペルシア帝国
  5 アカイメネス朝以後
第二章 イラン世界の変容
  1 「イラン」をどう考えるか
  2 イラン系独立王朝
  3 トルコ人の改宗とトルコ系王朝の出現
第三章 トルコ民族の活動と西アジアのモンゴル支配時代
  1 トルコ民族とイラン,アナトリア地域史
  2 イラン地域の十一~十四世紀の諸国家
  3 十一~十四世紀アナトリアのトルコ系諸国家
第四章 東方イスラーム世界の形成と変容
  1 十五世紀の東方イスラーム世界
  2 サファヴィー朝の時代
  3 サファヴィー朝の崩壊と十八世紀のイラン高原
第五章 オスマン帝国の時代
  1 オスマン支配の拡大とイスタンブル政権の形成
  2 オスマン官人支配体制の成長
  3 地方社会の自立と中央政府
第六章 オスマン帝国の改革
  1 開明的専制君主の改革
  2 タンズィマートとその社会
  3 アブデュルハミト二世の専制政治
  4 「青年トルコ人」革命
第七章 近代イランの社会
  1 ガージャール朝の成立と国際関係
  2 列強の進出とイランの従属化
  3 抵抗の始まりと改革の試み
  4 ナショナリズムの出現と立憲革命
第八章 現代のトルコ,イラン
  1 トルコ革命-一党支配の時代
  2 トルコ共和国-複数政党制の時代
  3 試練に立つイラン・ナショナリズム
  4 国民国家への途
  5 パフラヴィー体制とイラン社会
  6 イスラーム革命と国民国家
第九章 近・現代のアフガニスタン
  1 ドゥッラーニー王朝の興亡
  2 革命,混乱,そして再興へ

付録
索引/年表/参考文献/王朝系図/写真引用一覧