《世界史リブレット人》 067.ムハンマド・アリー 近代エジプトを築いた開明的君主

価格
880円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 激動する国際社会のなかで現代にいたるエジプトの祖型をつくりあげ、統治したムハンマド・アリー。近代エジプトの開明的君主の生涯を振り返ることにより、近代という時代の意味を問う。
ISBN:
978-4-634-35067-0
シリーズ: 世界史リブレット人 67
著者: 加藤博 
刊行:
2013年8月
仕様: A5変型判  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
「ガゼルの目」をもつ人物

1.ムハンマド・アリーを生んだ東地中海世界

2.「ナイルの賜物」の国の変貌

3.国家機構の整備

4.帝国への野望と挫折

5.ムハンマド・アリー統治の評価 
メッセージ・あとがき:
19世紀前半にエジプトを統治したムハンマド・アリーは,現代にいたるエジプトの祖型をつくった。しかし,彼の施策が照らし出すものは,エジプトを超えて非ヨーロッパ世界,さらにはヨーロッパ世界を含む当時の世界情勢である。本書では,近代エジプトの開明的君主であったムハンマド・アリーという人物の生涯を振り返ることによって,近代という時代の意味を問うてみたい。