《世界史リブレット人》 020.マンスール イスラーム帝国の創建者

価格
880円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 中央アジアからモロッコまで東西6000㎞にもおよぶ版図を有する巨大国家を支配し、バグダードの町を造営したアッバース朝の偉大な帝王マンスールの生涯を追う。
ISBN:
978-4-634-35020-5
シリーズ: 世界史リブレット人 20
著者: 高野太輔 
刊行:
2014年10月
仕様: A5変型判  ・  84ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
イスラーム帝国の創健者

1.革命の嵐のなかで

2.血塗られた覇業

3.帝都バグダードの建設

4.帝王をめぐる人々 
メッセージ・あとがき:
アッバース朝の実質的な建国者であるカリフ・マンスールは,ティグリス河畔に新都バグダードを造営し,東西6000㎞にもおよぶ巨大なイスラーム帝国の基盤を築き上げた。我が国では知られていない偉大な帝王の生涯を、アラビア語の年代記に残された無数の逸話をもとによみがえらせる。