《世界史リブレット》 008.中国の都市空間を読む

価格
802円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 唐代の長安の自然環境から説きおこし,都市の構造と,そこで営まれた人びとの暮らしの実像に迫る。豊富な現地調査に基づく都市の全体史。
ISBN:
978-4-634-34080-0
シリーズ: 世界史リブレット 8
著者: 高村雅彦 
刊行:
2000年3月
仕様: A5変型判  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
中国都市へのアプローチ
1.王都 北京を読む
2.水郷都市 蘇州のまちづくり
3.小都市の世界 
メッセージ・あとがき:
船が行き交う水路の岸辺を歩き,太鼓橋を越え,茶館で休み,また市場の雑踏へ入る。
水路沿いには白壁に黒瓦がのった素朴な家々が軒を連ね,水辺の石段では洗い物をする人の姿が絶えない。
こんな魅力的な小さな町が中国にはある。一方で,北京のような明快で威厳に満ちた王都も存在する。世界の都市文明を考えるのに欠かせない中国。
その都市空間を解読することは,西欧近代だけを典型的なモデルとする習性から逃れるための,21世紀に向けた重要な作業となるはずだ。