《中世都市研究》18.中世都市から城下町へ

価格
3,960円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 中世都市はいかにして近世城下町へ姿をかえたか。空間構造、ネットワーク、権力などをキーワードに都市の本質に迫る。2012年中世都市研究会大阪大会での報告と全体討論、全国の都市・城館研究の最新動向を掲載。
ISBN:
978-4-634-16054-5
シリーズ: 中世都市研究 18
著者: 中世都市研究会  仁木宏  玉井哲雄  中西裕樹  山上雅弘  大澤研一  山村亜希  下仲隆浩  出居博  鈴木弘太  水本和美  閏間俊明  内堀信雄  田村昌宏  牧田梨津子  平岡正宏  幡上敬一  大庭康時  山本正昭 
刊行:
2013年9月
仕様: A5判  ・  296ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
中世都市研究会二〇一二大阪大会の意義
   - 「十六世紀大阪論」を中心に -

第一部◎中世都市から城下町へ
  城下町 - 中世都市から天下一統の拠点へ -
  東アジアのなかの城下町
  城郭・城下町と都市のネットワーク
  摂津・播磨国における城・城下町と町・村
  上町台地の中世都市から大坂城下町へ
  阿波勝瑞 - 城下町の立地と景観 -
  若狭小浜 - 守護所から近世城下町へ -
  下野佐野 - 清水城・唐沢山城から佐野城の時代へ -

第二部◎全体討論「中世都市から城下町へ」
  発言者一覧(発言順)
  松尾信裕 福島克彦
  宮武正登 仁木 宏 山村亜希 須藤茂樹 中西裕樹 下仲隆浩
  山上雅弘 内堀信雄 坂本嘉弘 鍛代敏雄 大澤研一 出居 博
  玉井哲雄 石井信夫 伊藤 太 小野正敏

第三部◎都市・城館研究の最新動向 2012.4~2013.3
  北海道・東北  関東  甲信  東海  北陸  近畿
  中国  四国  九州  沖縄