「宗教都市」奈良を考える

価格
本体4,000円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 中世都市の展開過程を考えるうえでの「基準」としての奈良を、12世紀から17世紀にかけての長期間と景観から宗教、政治、一揆、近世への展望など多彩な報告から問う野心的な試み。2016年の中世都市研究奈良大会の論集。
ISBN:
978-4-634-16005-7
著者: 中世都市研究会 
刊行:
2017年8月
仕様: A5  ・  240ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
第一部 報告
 はじめに…五味文彦
 中世都市奈良研究の現状と課題…佐藤亜聖
 十二世紀外京北部の景観…前川佳代
 中世都市奈良の宗教環境…狭川真一
 大和の三城における城下町とその発展過程…山川均
 室町期奈良の都市機能と室町幕府…高谷知佳
 律僧忍性の救済活動を通してみる中世都市奈良…吉澤悟
 天文一揆と都市奈良…河内将芳
 都市奈良の近世…幡鎌一弘

第二部 討論
 全体討論「宗教都市」奈良を考える