モンゴル帝国の軍隊と戦争

価格
3,300円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 13世紀ユーラシア大陸に出現し、世界を変えたモンゴル帝国。大モンゴル・ウルスという集団とその定住民支配のあり方から、遊牧民の築いた帝国の実像を明らかにする。残された多くの資料を駆使して、とかく議論が先行し、実態がつかめぬモンゴル帝国に迫る。
ISBN:
978-4-634-64066-5
著者: 川本正知 
刊行:
2013年11月
仕様: 四六判  ・  272ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はじめに
1300年頃のモンゴル帝国
諸王家系図

序章 遊牧民の文化と社会

 第Ⅰ部 大モンゴル・ウルスの形成とその構造

第一章 大モンゴル・ウルスとモンゴリアの遊牧民社会
  1 大モンゴル・ウルス
  2 十二~十三世紀のモンゴリアの遊牧民社会
  3 十二世紀の部族と部族連合

第二章 チンギス・ハンによってつくられた新しい部族と軍隊
  1 チンギス・ハンの軍制と新編成の部族制度
  2 新部族と旧部族
  3 親族たちへの軍隊の分配・分与
  4 弟たちのウルス
  5 息子たちのウルス
  6 遊牧民の戸籍と税

第三章 征服戦争と軍隊
  1 オゴタイ・大ハン時代のタンマ軍
  2 モンケ・大ハン時代の征服軍

 第Ⅱ部 大モンゴル・ウルスの定住民支配

第四章 チンギス・ハンの中央アジア征服

第五章 オゴタイ・大ハン時代の三大外地属領
  1 三大外地属領
  2 人口調査と戸籍登録と定住民の分配
  3 河北における税と夫役
  4 オゴタイ・大ハン時代の中央アジア
  5 ホラサーン・マーザンダラーン総督府による人口調査

第六章 モンケ・大ハン時代の定住民支配
  1 河北の人口調査と分民と包銀
  2 中央アジアの人口調査と分民
  3 イラン、アルメニア、グルジアにおける人口調査とテュメン
  4 雲南の十九の万戸
  5 チベットのチコル
  6 ルーシ諸公国のティマ

終章 大モンゴル・ウルスとその定住民支配

あとがき
索引
年表
参考文献
図版出典一覧