《世界史リブレット人》 070.魏源と林則徐 清末開明官僚の行政と思想

価格
880円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: アヘン戦争に官僚の立場で正面から向き合った林則徐と、数々の政治・経済改革を進言し、『海国図志』により外国を紹介した魏源の二人の人物をとおし、清末中国の思想と政治を追う。
ISBN:
978-4-634-35070-0
シリーズ: 世界史リブレット人 70
著者: 大谷敏夫 
刊行:
2015年4月
仕様: A5変型判  ・  120ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
アヘン戦争期の開明官僚と思想家

1.林則徐・魏源の生きた時代

2.清朝の経世官僚、林則徐

3.経世の思想家、魏源

4.林則徐・魏源が後世に与えた影響 
メッセージ・あとがき:
アヘン戦争に官僚の立場で正面から向き合った林則徐と、数々の政治・経済改革を進言し、『海国図志』により外国を紹介した魏源。二人に共通した思想は、民政の安定をはかり、国家を富強にすることであった。彼らの考えは幕末にほんの志士たちにも影響を与え、維新運動を推進した。私利私欲におぼれる官吏も少なくない清末中国で、政治思想を貫こうとした二人の生涯を追う。