050.渋川春海 失われた暦を求めて

価格
本体800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 800年以上使われていた暦を修正したのは、幕府の保科正之に改暦を命じられた渋川春海であった。正之を囲む教養人との交流、失われた古暦を復元する迄の道程と、社会的影響を描く。
ISBN:
978-4-634-54850-3
シリーズ: 日本史リブレット人 50
著者: 林淳 
刊行:
2018年11月
仕様: A5変  ・  104ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加