戦後知の可能性 歴史・宗教・民衆

価格
3,850円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 戦後日本の新たな現実と向き合うなかで,学知探求の筋道を模索していった先学たちの軌跡をたどり,戦後啓蒙から出発した知の変貌のさまを示すとともに,いま,揺らぐ知の可能性を再考する意欲的論集。
ISBN:
978-4-634-67223-9
著者: 安丸良夫  喜安朗 
刊行:
2010年12月
仕様: A5判  ・  456ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 戦後知の変貌

 はじめに

 1 知識人の敗戦体験

 2 希望と「悔恨共同体」

 3 批判知の再構成

 4 構造と隠れた次元

 5 モダニティと近代批判

第1章 石母田正と敗北の思考

     一九五〇年代における転回をめぐって

 はじめに 戦後史における『歴史と民族の発見』

 1 英雄時代論から民族論へ

 2 敗北の思考(1) 民族をめぐって

 3 敗北の思考(2) 実証主義をめぐって

第2章 丸山眞男の宗教理解  日本仏教史と思想史の方法論

 はじめに

 1 丸山眞男における「思想」と「宗教」

 2 聖徳太子について

 3 鎌倉新仏教(親鸞・道元・日蓮)について

 4 古代から中世への仏教史について

 5 「原型」「古層」論と「思想史」方法論

第3章 竹内好のイスラム観  戦前と戦後のあいだで

 はじめに

 1 戦時期のイスラム認識

 2 中国知識人のイスラム論

 3 「方法としてのアジア」におけるイスラム研究の可能性

 4 「大川周明のアジア研究」にみるイスラム観

 おわりに

第4章 吉本隆明の思想と宗教  一九四〇年代から六〇年代まで

 はじめに

 1 近代日本国家の宗教性と天皇制

 2 ・宗教・幻想・自立

 3 究極の倫理と宗教

 おわりに

第5章 村上重良の近代宗教史研究 政教分離をめぐる生き方

 はじめに

 1 一九五〇年代の学問状況

 2 『近代民衆宗教史の研究』における通史の叙述

 3 『国家神道』の構成

 4 政教分離違憲訴訟

 5 共産党との別れ

 おわりに

第6章 黒田俊雄の中世宗教史研究 顕密体制論と親鸞

 はじめに

 1 戦後歴史学と方法的保守主義

 2 三点セットの全体史

 3 顕密体制をめぐって

 4 親鸞問題とは?

 おわりに

第7章 網野善彦における絶対自由の精神

     境界領域を踏破する歴史学

 はじめに

 1 時系列による「叙述的方法」

 2 非農業民という差異の時系列

 3 「まはさてあらん」

 4 時代性の底を抜く?

 5 境界領域としての無縁の場

 6 「人間的自然」による絶対自由の精神

 おわりに

第8章 色川大吉と戦後歴史学  「民衆史」の構想力

 はじめに

 1 石母田正と『中世的世界の形