093.平塚らいてう 信じる道を歩み続けた婦人運動家

価格
本体800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 伝統的な女性像からの解放のため、らいてうは臆せず声をあげ、羨望と非難を一身に集めて世に出た。婦人参政権運動や平和運動など、その時々の課題に取り組み続けた生涯をたどる。
ISBN:
978-4-634-54893-0
シリーズ: 日本史リブレット人 93
著者: 差波亜紀子 
刊行:
2019年2月
仕様: A5変  ・  100ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:

模索し続けたらいてう

1.学びの時代
教育熱心な家庭/良妻賢母教育への不満/経済的自立へのあこがれ/『女子教育』への感銘/日本女子大学校での学び

2.『青鞜』の時代
文学への興味/塩原事件/『青鞜』の創刊/元始、女性は太陽であった/新しい女/婦人問題に取り組む/『青鞜』の移譲

3.新婦人協会
母性保護論争/新婦人協会の設立/治安警察法改正運動/運動からの離脱/新婦人協会の解散

4.よき母として
帰京と罹災/消費組合運動/働く母としての発言/戦時下の動向

5.戦後のらいてう
敗戦直後のらいてう/世界平和の実現を求めて/ふたたび婦人団体の中へ