ペルシア絨毯の道 モノが語る社会史

価格
本体1,300円 + 税
在庫: 誠に申し訳ありません。品切れです。
メールまたはお電話でお問い合わせください。
解説: 中央アジアで遊牧文化とともに生まれた絨毯。それが,19世紀のイランで輸出品としてブームを呼びヨーロッパや日本に伝わった。モノを通して見た社会史。
ISBN:
978-4-634-49170-0
シリーズ: ヒストリア 17
著者: 坂本勉 
刊行:
2003年7月
仕様: その他  ・  200ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
1.絨毯をみる眼
2.カーペット・ブームにわくイラン
3.絨毯にかけるウィリアム・モリスの夢
4.トルコ絨毯の軌跡
5.世界のなかの日本の絨毯事情
 ・あとがき
 ・参考文献 
メッセージ・あとがき:
著者からのメッセージ・・・遊牧民の素朴な暮らしのなかから生まれた調度品である絨毯。
それは、きらびやかで美しいデザインゆえに人びとを魅了し、早くから世界各地に広まった。
近代のカーペット・ブームからグローバル化が進む社会の変化をみていくことにしよう。