《新版世界各国史》25.ラテンアメリカ史Ⅰ メキシコ・中央アメリカ・カリブ海

価格
3,850円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: かつて高度な神殿文化を興しながら,15世紀末以降つねに外部勢力の政治的・経済的支配・影響下に苦しんできた地域の激動の歴史を描く。
ISBN:
978-4-634-41550-8
シリーズ: 新版 世界各国史 25
著者: 山田睦男  落合一泰  今井恵子  高橋均  志柿光浩  増田義郎 
刊行:
1999年8月
仕様: 四六判  ・  496ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
総説 世界史のなかのラテン・アメリカ
序章 メキシコ・中央アメリカ・カリブ海と世界
Ⅰ ラテン・アメリカの形成
第一章 先コロンブス期の文化
  1 古代のアメリカ人
  2 古代の諸文明
第二章 ヨーロッパ人の侵入
  1 探検と征服
  2 大陸部の探検
第三章 メキシコ・中央アメリカにおけるスペイン植民地
  1 植民地の安定化
  2 経済と社会
  3 改革の世紀
第四章 先住民社会・文化の再編成
  1 変貌する先住民社会
  2 先住民社会におけるキリスト教
  3 アフリカ奴隷-反乱の恐怖
第五章 植民地時代のカリブ海地域
  1 十六世紀の大アンティル諸島
  2 ヨーロッパ諸勢力の小アンティル諸島占拠
  3 砂糖帝国
  4 イギリスとフランスの抗争

Ⅱ 植民地支配からの独立
  1 ラテン・アメリカ独立の特質
  2 ハイティの独立
  3 ラテン・アメリカ独立の前提
  4 メキシコの独立

Ⅲ 十九世紀のメキシコ・中央アメリカ・カリブ海
第一章 総説
第二章 メキシコ
  1 新生国家の内憂と外患
  2 独立後の社会と経済
  3 レフォルマから復興共和国まで
  4 レフォルマ後の社会と経済
  5 ディアス政権期
  6 経済開発の帰結
第三章 中央アメリカ・カリブ海
  1 中央アメリカにおける保守派と自由主義派の角逐
  2 中央アメリカにおける輸出志向経済の拡大
  3 カリブ海地域における独立国家の誕生と植民地体制の変化
  4 カリブ海地域における奴隷制の廃止と砂糖生産

Ⅳ 二十世紀前半のメキシコ・中央アメリカ・カリブ海
第一章 総説
第二章 メキシコ
  1 メキシコ革命の起源
  2 一九一七年憲法からカイェス体制へ
  3 カルデナス政権(一九三四~四〇年)
  4 カルデナス政権後
第三章 中央アメリカ・カリブ海
  1 中央アメリカ・カリブ海地域を取りまく国際環境
  2 アメリカ合衆国による「善導」
  3 強権的政治体制の成立
  4 二十世紀前半の中央アメリカ・カリブ海地域の社会と文化 
Ⅴ 二十世紀後半のメキシコ・中央アメリカ・カリブ海
第一章 総説
第二章 メキシコ
  1 政治的危機の深化
  2 対外経済の破局
  3 PRI体制の終幕
第三章 中央アメリカ・カリブ海
  1 中央アメリカ・カリブ海地域を取り巻く国際環境
  2 カリブ海地域における脱植民地化
  3 米国の覇権への挑戦
  4 民主社会実現への模索
  5 中央アメリカ・カリブ海地域の社会経済構造
  
付録
索引/年表/参考文献/歴代元首一覧/用語解説/写真引用一覧/図表出典一覧