《新版世界各国史》21.北欧史

価格
3,850円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: ヨーロッパの北に位置する小国として,列強の圧力を受けながらも,独自の価値観をもって福祉国家をつくりあげた北欧5カ国の歴史を,先史から現在まで通観する。地域としての北欧内の対立と協力関係をも鮮明に描く。(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランド・アイスランド)
ISBN:
978-4-634-41510-2
シリーズ: 新版 世界各国史 21
著者: 山崎陽子  本間晴樹  塩屋保  吉武信彦  吉村博明  マッティ・クリンゲ  佐保吉一  大島美穂  百瀬宏  熊野聰  村井誠人  ヒースマン(神田)姿子  牧野正憲  菅原邦城 
刊行:
1998年8月
仕様: 四六判  ・  520ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 一つの世界としての「北欧」
第一章 北欧の先史時代
第二章 ヴァイキング時代
  1 ヴァイキングの活動
  2 ヴァイキング時代の北欧社会
  3 三王国の成立
  4 キリスト教化
第三章 内乱と王権の成長
  1 内乱のなかから
  2 社会と国政の変動
  3 バルト海の覇権をめぐって
第四章 カルマル連合の時代
  1 中世後期の北欧
  2 マグヌス・エーリクソンとヴァルデマー四世
  3 マルグレーテとカルマル連合
  4 スウェーデンの連合離脱
  5 「連合」の歴史的な意味
  6 中世の文化
第五章 近代への序曲
  1 宗教改革とその影響
  2 バルト帝国
  3 絶対王制の時代
  4 宮廷政治
  5 北欧の国際関係
第六章 ナショナリズムの時代
  1 ナポレオン戦争
  2 民族ロマンティシズムの展開
  3 第一次スレースヴィ戦争と北欧諸国
  4 クリミア戦争と北欧諸国
  5 民族ロマンティシズムの終焉
第七章 現代社会の成立に向けて
  1 社会経済の発展
  2 議会主義を求めて
  3 議会主義の成立
  4 列強の狭間で
  5 近代北欧の文化
第八章 二つの世界大戦と北欧
  1 第一次世界大戦と北欧
  2 一九二〇年代の北欧
  3 一九三〇年代の北欧
  4 第二次世界大戦と北欧諸国
  5 戦後冷戦と北欧
第九章 現代世界のなかの北欧
  1 福祉国家の実現
  2 緊張緩和と北欧国際関係
  3 一九七〇~八〇年代の北欧
  4 欧州統合と北欧
  5 現代北欧の文化

付録
索引/年表/参考文献/ノルウェー王家系図/デンマーク王家系図/スウェーデン王家系図/フィンランド・アイスランド大統領一覧/写真引用一覧