アメリカ史

価格
本体3,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 「大国アメリカ」は21世紀をどう迎えようとしているのか。世界史の流れの中でアメリカの歴史を捉え,地域の視点を加えて論じた本格的通史。
ISBN:
978-4-634-41540-9
シリーズ: 新版 世界各国史 24
著者: 久保文明  明石紀雄  横山良  清水忠重  紀平英作  島田眞杉 
刊行:
1999年1月
仕様: 四六判  ・  516ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 「アメリカ」とは何か
  1 新しい国家
  2 アメリカ史を貫くもの
第一章 北米イギリス植民地の建設と発展
  1 アメリカ合衆国の基層
  2 イギリス植民地の建設
  3 ブリティッシュ・アメリカの形成
  4 植民地の成長と内部緊張の表出
第二章 独立から建国の時代
  1 独立への道
  2 独立戦争の推移
  3 建国の時代
  4 アダムズ政権からジェファソン政権へ
第三章 共和国の成長と民主制の登場
  1 西漸運動の展開と三大セクションの形成
  2 ナショナリズムの高揚と陰り
  3 ジャクソン時代の政争
  4 改革運動の展開
第四章 「明白な運命」と南北対立の激化
  1 南部奴隷制社会
  2 「明白な運命」と領土膨張
  3 北部と西部の経済提携
  4 南北戦争への道
第五章 南北戦争と再建の時代
  1 開戦から奴隷解放宣言へ
  2 戦争下の社会
  3 再建の時代
  4 再建の破壊
第六章 爆発的工業化と激動の世紀末
  1 「金ぴか時代」と政治
  2 爆発的工業化・都市化と西部・南部の変貌
  3 分裂する社会と思潮
  4 激動の世紀末
第七章 革新主義と世界大国アメリカ
  1 社会的背景
  2 改革運動の展開
  3 共和党政権の内政と外交
  4 民主党政権の内政と外交
  5 第一次世界大戦と革新主義
第八章 繁栄と大恐慌
  1 「平常への復帰」
  2 共和党政権の対外政策
  3 大恐慌とニューディール
  4 反ニューディールと第二次ニューディール
  5 孤立主義と全体主義
第九章 第二次世界大戦から冷戦へ
  1 大戦と外交
  2 大戦下の政治と社会
  3 冷戦外交の形成と展開
  4 トルーマン政権期の政治と社会
  5 五〇年代の豊かさと社会変化
第十章 パクス・アメリカーナとその陰りの始まり
  1 ケネディ政権とパクス・アメリカーナ
  2 福祉国家とヴェトナム戦争
  3 市民の意識の変容と新しい文化
  4 パクス・アメリカーナの後退とニクソン政権の対応
  5 七〇年代後半の不安と模索
第十一章 ふたたび変貌するアメリカ
  1 レーガン時代の開幕
  2 転換する社会
  3 冷戦の終結
  4 クリントン政権と現代アメリカ

付録
索引/年表/参考文献/歴代大統領・副大統