《新版世界各国史》23.カナダ史

価格
3,630円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 広大な自然と高い経済力によって理想化されるカナダ。英・仏の2つの文化の葛藤と,大国アメリカの圧力に揺れる歴史の実像を明かす。
ISBN:
978-4-634-41530-0
シリーズ: 新版 世界各国史 23
著者: 吉田健正  細川道久  木村和男 
刊行:
1999年7月
仕様: 四六判  ・  436ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 多民族・多文化主義国家カナダ
  1 巨大な国土
  2 多様な民族集団と多文化主義
  3 「植民地性」と自立への模索
第一章 ヨーロッパの拡大とカナダ
  1 先史時代
  2 ヨーロッパ人の探検
  3 探検から植民へ
  4 先住民社会とヨーロッパ人
第二章 ヌーヴェル・フランスの発展
  1 フランスの植民地政策
  2 ヌーヴェル・フランスの産業
  3 ヌーヴェル・フランスの社会
第三章 英仏両帝国の抗争とカナダ
  1 イギリスの勢力圏の拡大
  2 英仏抗争の激化
  3 フランス支配の終焉
第四章 イギリス植民地としての発展
  1 ケベック植民地の創設とアメリカ革命
  2 ロイヤリストの到来と北アメリカ植民地の変容
  3 両カナダでの反乱と『ダラム報告書』
  4 連合カナダの成立と責任政府
  5 沿海植民地と西部
第五章 連邦結成と大陸横断国家の建設
  1 連合カナダ政治の暗礁
  2 南北戦争の脅威と連邦結成
  3 大陸横断国家の建設
  4 ナショナル・ポリシーとカナダ太平洋鉄道
  5 ノースウェストの反乱と州権論の台頭
第六章 国家的自立への道
  1 カナダのナショナリズムと帝国主義
  2 多民族・工業化社会への変容
  3 第一次世界大戦と帝国関係
  4 戦後の調整期としての二〇年代
第七章 激動の時代
  1 大恐慌
  2 恐慌から戦争へ
  3 第二次世界大戦
第八章 戦後のカナダ
  1 ミドルパワー国家へ
  2 冷戦下のカナダ
  3 社会変動の時代
第九章 二十一世紀へ向けて
  1 憲法の移管
  2 米加協調の時代へ
  3 ポストモダン社会の兆候

付録
索引/年表/参考文献/歴代首相・総督一覧/写真引用一覧/図表出典一覧