《新版世界各国史》26.ラテンアメリカ史Ⅱ 南アメリカ

価格
4,070円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: スペインの支配から独立したアンデスの国々や日本との繋がりの深いブラジル。古代インカ帝国から今日にいたる南アメリカの基本的通史。
ISBN:
978-4-634-41560-7
シリーズ: 新版 世界各国史 26
著者: 今井圭子  増田義郎  山田睦男  恒川惠市  松下洋  網野徹哉  辻豊治 
刊行:
2000年7月
仕様: 四六判  ・  648ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 南アメリカと世界
Ⅰ ラテン・アメリカの形成
第一章 先スペイン期の南アメリカ
  1 アンデス文明の基礎
  2 国家の時代
第二章 ヨーロッパ人の南アメリカ侵入
  1 インカ帝国征服まで
  2 エル・ドラードを求めて
第三章 アンデス世界と植民地社会
  1 征服から定着へ
  2 植民地社会の変容
第四章 伝統文化の変容と抵抗
  1 インディオ社会の苦悩
  2 インカ・ナショナリズム
第五章 植民地時代のブラジル
  1 パウ・ブラジルの時代からカピタニア制へ(1500~48年)
  2 砂糖の時代(1549~1640年)
  3 スペイン統治期(1580~1640年)
  4 金の時代(1693~1750年頃)

Ⅱ 南アメリカ諸国の独立
  1 独立運動の背景
  2 独立戦争第一期
  3 独立戦争第二期

Ⅲ 十九世紀の南アメリカ
第一章 総説
第二章 ベネスエラ,コロンビア,エクアドル
  1 寡頭制支配の時代(1830~80年)
  2 輸出経済と近代化の開始(1880~1900年)
第三章 ペルー,ボリビア,チリ
  1 ペルー・ボリビア連合とチリ(1818~40年)
  2 カウディーヨ支配の継続と第二次独立戦争(1840~80年)
  3 太平洋戦争(1879~83年)
  4 近代化とブルジョワ支配(1880~1900年)
第四章 アルゼンティン,ウルグァイ,パラグァイ
  1 カウディーヨ時代
  2 西欧化とパラグァイ戦争
  3 世界経済への統合化
第五章 ブラジル
  1 独立後の試行錯誤
  2 第二帝政下の発展(1840~64年)
  3 第二帝政下の矛盾 
Ⅳ 二十世紀前半の南アメリカ
第一章 総説
第二章 ベネスエラ,コロンビア,エクアドル
  1 二十世紀初頭における独裁と開発(1900~30年)
  2 ポピュリズムの出現(1930~60年)
第三章 ペルー,ボリビア,チリ
  1 民衆運動と政治抗争(1900~30年)
  2 ポピュリズムの時代(1930~60年)
第四章 アルゼンティン,ウルグァイ,パラグァイ
  1 二十世紀初葉の改革運動
  2 一九三〇年代の反動とチャコ戦争
  3 ポピュリズム政権の成立と崩壊
第五章 ブラジル
  1 旧共和国期(1889~1930年)
  2 ヴァルガス体制(1930~45年)

Ⅴ 二十世紀後半の南アメリカ
第一章 総説
第二章 ベネスエラ,コロンビア,エクアドル
  1 ナショナリズムと改革主義(1960年~現在)
  2 政党政治の動揺(1990年代)
第三章 ペルー,ボリビア,チリ
  1 改革主義の挫折と政治的混迷(1960~70年)
  2 MNR革命以後の政治・経済危機(1960年~現在、ボリビア)
  3 ペルー革命の帰趨
  4 チリ革命の帰趨(1970年~現在)
第四章 アルゼンティン,ウルグァイ,パラグァイ
  1 改革運動の過激化と軍部
  2 官僚主義的権威主義体制の破綻から民政へ
第五章 ブラジル
  1 ポプリスモ型権威主義の時代
  2 民主主義の復活
  3 軍事政権と「ブラジルの奇跡」
  4 民政移管後の困難
第六章 ガイアナ,スリナム,フランス領ギアナ
  1 ギアナ地方
  2 ガイアナ
  3 スリナム
  4 フランス領ギアナ

付録
索引/年表/参考文献/歴代元首一覧/用語解説/写真引用一覧/図表出典一覧