033.フランス革命の社会史

価格
本体729円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: フランス革命の何が革命的だったのか。政治文化の革命としてのフランス革命の展開を追いながら,「革命」への新しい視点を明示する。
ISBN:
978-4-634-34330-6
シリーズ: 世界史リブレット 33
著者: 松浦義弘 
刊行:
1997年7月
仕様: A5変型判  ・  96ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
フランス革命のなにが革命的だったのか
1.フランス革命へのまなざし
2.アンシャン・レジームの国家と社会
3.政治文化の革命としてのフランス革命
4.フランス革命とユートピア
5.フランス革命と抵抗・暴力
現在からふりかえって 
メッセージ・あとがき:
フランス革命のなにが革命的だったのか?
十数年前までなら,多くの人が,フランス革命の革命たるゆえんは,封建制を根底的に廃止して資本主義の順調な発展の条件をつくりだしたことにあると答えただろう。
フランス革命はブルジョア革命だった,と。
では現在はどうだろうか?
フランス革命のイメージは同じままなのだろうか?
本書は,この問いに答えようとする試みである。