004.マニ教とゾロアスター教

価格
本体729円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 消えたマニ教と生き残ったゾロアスター教。独特の教義と儀礼をもつ二つの宗教の盛衰を通して,古代イランの人々の心性と国家の実像に迫る。知られざる古代文明の宗教世界。
ISBN:
978-4-634-34040-4
シリーズ: 世界史リブレット 4
著者: 山本由美子 
刊行:
1998年4月
仕様: A5変型判  ・  88ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
消えた宗教と生き残った宗教
1.イラン人の信仰と世界観
2.マニ教の成立と信仰の特色
3.サーサーン朝におけるゾロアスター教正統の確立
4.マニ教の発展と消滅 
メッセージ・あとがき:
だれでも耳にしたことはあるが,実質上なんなのかはまったくわからない,といったものがこの世界にはたくさんある。
マニ教という宗教はこのような例の一つであろう。
歴史上において,三世紀から千年以上ものあいだにわたって,ユーラシア大陸の西はスペイン,東は中国福建省の泉州にまで,ユニークな神話や思想,慣習をもってその足跡を残しながら,現在ではまったく消え失せてしまっている。
今に続くゾロアスター教と対比しつつマニ教とはなにかを述べようと思う。