戦国城郭に秘められた呪いと祈り

価格
1,980円 (税込)
在庫: 未刊
解説: これまでは「軍事施設」中心で語られてきた城郭研究において近年、研究の進展により、そもそも「城とは何か」という点が注目を集めています。
そこでキーワードとなるのが「祈りの場」「権威の源」としての城の姿です。
本書は、充実の一途をたどる城郭研究の新たな潮流に注目し、城郭史を「陰陽道」「鎮守」「呪い」「祈り(宗教施設)」という観点から捉えなおし、築城に当たっての場所選びから普請・作事にいたるまで、中世の呪術的な意識と儀礼がどのように作用していたのかを読み解いてゆきます。

※7/28新刊配本予定
ISBN:
978-4-634-15199-4
著者: 小和田哲男 
刊行予定:
2022年7月
仕様: 四六  ・  208ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加