文学で読む日本の歴史 近代的世界篇

価格
本体3,600円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 老中田沼意次の政権下、杉田玄白・平賀源内らの科学的考察から多くの人々が影響を受け、絵画や学問の世界にまで新しい風が広がってゆく。
19世紀に入ると度重なる海外からの来航があり、開国要求に応じなかった。しかし、飢饉や大塩平八郎の乱などが起こり、天保の改革に着手するが、開国・大政奉還へと歩むこととなる。
本書では、文化の多様性、表現の自由から、実際に諸外国に学んだ福沢諭吉の台頭までを、思潮をキーワードに時代を描いた。
ISBN:
978-4-634-15161-1
シリーズ: 文学で読む日本の歴史
著者: 五味文彦 
刊行:
2020年7月
仕様: 四六  ・  592ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はじめに
1 田沼政権と新たな世界
 一 『蘭学事始』の時代
 二 会と連の文芸の耀き
 三 絵画と学問の世界
 四 藩国家と公儀国家
2 松平定信と「寛政の改革」
 一 定信政権と幕政
 二 朝廷と異国への対応
 三 寛政の復古政治とその成果
 四 江戸の繁盛世界
3 広がる大衆社会と大衆文化
 一 大衆社会の広がり
 二 地域文化の成長
 三 地域社会の教育と遊芸
 四 村と町の世界
4 文化・文政の「世界」
 一 ロシアの脅威と蝦夷地を目指した人々
 二 草莽の文化、旅の文化
 三 文化・文政の境界
 四 尊王思想と改革の動き
5 改革の時代
 一 天保の飢饉と改革
 二 改革の広がり
 三 天保の改革
 四 天保の改革政治
6 天保の農村改革と「外患」
 一 農村改革の広がり
 二 関東農村改革の行きづまり
 三 意識改革の始まり
 四 改革の高まり
7 攘夷・開国・改革
 一 ペリーの来航の衝撃
 二 安政の改革と条約問題
 三 開港地の新世界
 四 公武合体と攘夷
8 革命と文明
 一 相次ぐ政変と改革
 二 日本の外交と国事
 三 改革から天下一新へ
 四 近代的世界の展開
  *
史料と参考文献
執筆を終えて
人名索引