わが友の旅立ちの日に

価格
本体1,600円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 友のこと,恋愛のこと,自殺のこと,考えること,科学のこと,いまという時代を「どう生きるのか」ということについて大切なことを,描き下ろしの絵を入れて,安野光雅が優しく語りかける。
ISBN:
978-4-634-15023-2
著者: 安野光雅 
刊行:
2012年10月
仕様: 四六判  ・  248ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
お前はピエロ

はじめに
1 ドメニカの別れの言葉
2 『泣いた赤おに』のこと
3 アマルフィのできごと
4 文化と文明のこと
5 文語文の世界
6 先入観のこと
7 映画『運命の饗宴』
8 『走れメロス』のこと
9 人の心の中
10 『ヴェニスの商人』の話
11 ユダヤ人のこと
12 アンネの日記
13 自殺のこと
14 出家のこと
15 親の気持ち
16 二十三歳のころ
17 わたしが二十三歳のころ
18 ゼロから考えるデカルト
19 デカルトの生きた時代
20 「思う」と「考える」
21 パスカルのこと
22 情報と事実のこと
23 『ファウスト』
24 菊池寛のこと
25 K君の落とし物
26 『ファウスト』のマルガレーテ
27 コペルニクス
28 科学と科学技術のこと
29 科学技術の発展
30 オランダイチゴ

おわりに
わかれの歌