文明の帝国 ジュール・ヴェルヌとフランス帝国主義文化

価格
本体5,148円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 『八十日間世界一周』『十五少年漂流記』などの作品で世界にも広く知られる,19世紀フランスの大衆小説家ジュール・ヴェルヌの作品を素材として,フランス国民の心性となった植民地帝国意識の枠組みを解く。多くの挿絵も植民地人の視る眼差しを示している。
ISBN:
978-4-634-64340-6
著者: 杉本淑彦 
刊行:
1995年7月
仕様: A5判  ・  456ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加