092.スカルノ インドネシアの民族形成と国家建設

価格
本体800円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: インドネシア共和国独立の宣言者にして初代大統領スカルノ。インドネシアという民族の形成・統一・発展に捧げられたその生涯をたどり、インドネシアの民族形成と国家建設の過程を明らかにする。
ISBN:
978-4-634-35092-2
シリーズ: 世界史リブレット人 92
著者: 鈴木恒之 
刊行:
2019年4月
仕様: A5変  ・  116ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
蘇るスカルノ

1.民族主義指導者への道程
  近代植民地国家オランダ領東インド/民族主義の始動/少年スカルノ/
  青年スカルノ/民族主義運動の前進・分裂・後退

2.民族主義指導者スカルノ
  「民族主義、イスラーム主義、マルクス主義」/インドネシア国民党/マルハエニズム/
  逮捕・裁判・分裂/流刑地エンデ/流刑地ブンクル

3.日本軍の占領・協力・模索
  協力の選択/プートラ/動員・徴発/ロームシャ/自力独立への模索/パンチャシラ

4.民族革命
  独立宣言/独立か死か/外交交渉/妥協による後退/円卓協定による主権委譲

5.国家統合への苦闘
  分裂の危機/アジア・アフリカ会議(バンドン会議)/1955年総選挙/「政党を葬れ」/
  外島の反乱

6.指導される民主主義
  1945年憲法への復帰/革命の再発見/権威主義体制/人民の代弁者/西イリアンの解放/
  マレーシア対決/深まる国内対立と高まる危機/9月30日事件/権力失墜