《世界歴史の旅》ビザンティン

価格
3,080円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: ギリシア,トルコを中心に東地中海世界に栄えた中世キリスト教国家ビザンティン帝国。各地に残る正教の聖堂を訪ね,壁画の細部に至るまで美術史的に紹介する。
ISBN:
978-4-634-63310-0
シリーズ: 世界歴史の旅
著者: 益田朋幸 
刊行:
2003年12月
仕様: A5判
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
第Ⅰ部 ビザンティン世界の歴史と美術
 1.ビザンティン帝国とは何か
 2.ビザンティン・ギリシア・日本
 3.キリスト教美術の始まり-初期の聖堂と美術
 4.神を描くことはできるのか-イコノクラスムへ
 5.神の世界としての聖堂-聖堂装飾のプログラム
 6.聖なるものの探究-中期の美術
 7.ビザンティンの遺産-後期の美術とその拡散
 8.パリの「ビザンティン」
第Ⅱ部 ビザンティンの史跡を訪ねて
 1.トルコ
  イスタンブール
   アギア・ソフィア大聖堂、モザイク美術館、
   コーラ修道院(カリエ・ジャミィ),
   フェティエ・ジャミイ(パナギア・パンマカリストス修道院),
   その他のビザンティン聖堂
  カッパドキア
   ギョレメ地区,ウフララ地区,ソーアンル地区
  エフェソス
  トルコ南海岸
   アンティオキア(現アンタキヤ),キリキア地方,ミュラ(現デムレ)
  トラブゾン
   アギア・ソフィア聖堂,その他のトラブゾンのビザンティン聖堂,
   スメラ修道院
 2.ギリシア
  テサロニキ
   ロトンダ(アギオス・ゲオルギオス聖堂),
   アギオス・ディミトリオス聖堂、アヒロピイトス聖堂,
   オシオス・ダヴィド聖堂,アギア・ソフィア聖堂,
   パナギア・ハルケオン聖堂,アギイ・アポストリ聖堂,
   アギオス・ニコラオス・オルファノス聖堂,ヴラタドン修道院
  アテネとその近郊の修道院
   アテネ市内,ケサリアニ修道院,ダフニ修道院,
   オシオス・ルカス修道院,キオス島ネア・モニ修道院
  メテオラ
  アルタ
  カストリア
   アギオス・ステファノス聖堂,アギイ・アナルギリ聖堂,
   アギオス・ニコラオス・トゥ・カスニヅィ聖堂,
   パナギア・クーベリディキ聖堂,タクシアルヒス聖堂,
   アギオス・アタナスオス・トゥ・ムザキ聖堂,
   パナギア・アヴリオティッサ修道院
  ミストラ
   ミトロポリ(アギオス・ディミトリオス聖堂),
   アギイ・テオドリ聖堂,アフェンディコ聖堂,
   アギア・ソフィア聖堂,パナギア・ペリブレプトス聖堂,
   エヴァンゲリストリア聖堂,パンタナッサ修道院
  モネンヴァシア
  聖山アトス
 3.マケドニア
  スコピエ周辺
   ネレヅィのスヴェティ・パンテレイモン 
メッセージ・あとがき:
古代ローマ帝国の後継者として,かつては地中海を内海とする勢力を誇ったビザンティン帝国。滅びた帝国への旅は,私たちに「もう一つのヨーロッパ」という視点を与えてくれる。黄金のモザイク,紺青のフレスコは何を語り出すだろうか。