新・歴史遊学 覚える歴史学から考える歴史学へ

価格
2,530円 (税込)
在庫: 誠に申し訳ありません。品切れです。
メールまたはお電話でお問い合わせください。
解説: 学習院大学では、日本史・東洋史・西洋史が一体となって歴史学の学びが始まる。2008年には「アーカイブズ学」の研究教育を行う日本で初めての大学院課程としてアーカイブズ学専攻が開設された。その特色ある歴史教育に加え、大学の学問としての歴史学の魅力と意義を紹介する。
ISBN:
978-4-634-59121-9
著者: 学習院大学文学部史学科 
刊行:
2021年10月
仕様: A5  ・  256ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
日本史
「壬申の乱世代」からの世代交代  鐘江宏之
伊勢宗瑞の小田原入部―明応年間の相模トラフ地震の観点から   家永遵嗣
宗門人別帳を解く―山村の人の流れ   高埜利彦
公家の名目金と懐事情―江戸時代の公家・鷹司政通の場合  佐藤雄介
歴史書を読むということ―新井白石と福沢諭吉、そして丸山眞男   千葉功
「工場法ヲ定ム」―記録から読み解く官僚制の変容  下重直樹
記録を残す人たちとその仕組について―戦前期学習院公文書の構造と伝来   保坂裕興

東洋史
下級官吏の目から見た秦の社会―簡牘史料の世界   海老根量介
中国古代の姓氏の歴史   鶴間和幸
旅行記に歴史を読む―竹越与三郎の見た「インドシナ」   武内房司

西洋史
「カピトリウムのコンスル表」―ローマ帝政成立期の歴史観   島田誠
中世イタリアの書簡史料との日々―史料との出会いと格闘   亀長洋子
閲覧室の経験、文書の手触り―エクス、アルジェ、パリ   工藤晶人
パリを変えた男の回想録   福井憲彦
結核と居住環境―二十世紀前半のパリ   中野隆生
あとがき   亀長洋子