戦後史のなかの「国家神道」

価格
本体4,000円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 「国家神道」を、戦後日本の政治史・宗教史・社会運動史など幅広い分野から議論し、今後の研究の基盤となる方向性を示す。
2017年史学会大会シンポジウムをもとに編集。充実した附録も収載。
ISBN:
978-4-634-52367-8
シリーズ: 史学会シンポジウム叢書
著者: 山口輝臣 
刊行:
2018年10月
仕様: A5  ・  288ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加