共和国の女たち 自伝が語るフランス近代

価格
本体1,300円 + 税
在庫: 誠に申し訳ありません。品切れです。
メールまたはお電話でお問い合わせください。
解説: 19世紀半ばから20世紀末に,時代と格闘しながら,自らの人生を切り拓いた4人の女性たち。無名の,あるいは無名に近い彼女たちが遺した自伝・回想から,素顔のフランス近代を描く。
ISBN:
978-4-634-49195-3
シリーズ: ヒストリア 24
著者: 長谷川イザベル 
刊行:
2006年7月
仕様: B6変型判  ・  200ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
1.私の歴史・家族の歴史
2.パリのお針子 シュザンヌ・ヴォワルカン
3.ある令嬢の運命 ジュヌヴィエーヴ・ブレトン
4.山の小学校教師 エミリ・カルル
5.二十世紀の女性ジャーナリスト フランソワーズ・ジルー
年表
あとがき
参考文献 
メッセージ・あとがき:
私の祖母はどんな女性だったのか。
その母は?そのまた母は?
人間らしく生きようと苦闘し,私たちの時代を準備した無名の,あるいは無名に近い全世代の,前々世代の女性たち。
そんな女性四人が真摯に語る素顔の近代フランス史。