ヒマラヤの「正倉院」 カトマンズ盆地の今

価格
本体1,700円 + 税
在庫: 誠に申し訳ありません。品切れです。
メールまたはお電話でお問い合わせください。
解説: 山に囲まれたカトマンズ盆地は,まるで倉のように周辺の伝統を今に引き継いでいる。宗教・祭・社会からその伝統と変容を紹介する。
ISBN:
978-4-634-49150-2
シリーズ: ヒストリア 15
著者: 石井溥 
刊行:
2003年5月
仕様: その他  ・  176ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
1.カトマンズ盆地、ネワール
2.「ネワール」を考える
3.集落と人々の生活
4.カースト社会の姿
5.さまざまな祭や儀礼
6.カトマンズ盆地の直面する問題
あとがき/参考文献 
メッセージ・あとがき:
著者からのメッセージ・・・ヒマラヤの前山に守られてきた聖なる宇宙、カトマンズ盆地。
その独特の文化はどのようにはぐくまれたのか。
生活と社会、現代の問題にも目を向けながら多面的に考える。