トラが語る中国史 エコロジカル・ヒストリーの可能性

価格
本体1,300円 + 税
在庫: 誠に申し訳ありません。品切れです。
メールまたはお電話でお問い合わせください。
解説: 「わたしはトラである」にはじまる環境の社会史。トラの口を仮りて,ヒトが来る前から今日にいたる中国の歴史を環境の視点から描き出す。
ISBN:
978-4-634-49050-5
シリーズ: ヒストリア 5
著者: 上田信 
刊行:
2002年7月
仕様: B6変型判
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
1.ヒトが来る前
2.ヒトと遭う
3.ヒトに畏れられる
4.ヒトに追いつめられる
5.大虐殺,その後 
メッセージ・あとがき:
~著者からのメッセージ~
私はトラである。
中国の東南部の山間地域にすむトラである。
ヒトがたどった三千年にもわたる歴史を,私たち一族は見つめてきた。
永い時間のなかでは,気候も変わり植生も変わる。
野生動物とヒトとのかかわり方も,変わってきた。
ヒトが私たちに畏れを抱いた時代もあった。
ヒトによる開発が,私たちを追いつめていった時期もあった。
トラとヒトとの関係の歴史を,エコロジカル・ヒストリーとして語っていこう。