8.中世ヨーロッパの都市と国家 ブルゴーニュ公国時代のネーデルラント

価格
本体1,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 14~16世紀、ネーデルラントにおける君主と都市の競合関係のなかで、都市と市民の多様な世界に「近代市民性」を読み解く。ベルギーの最高学府ヘント大学のボーネ教授による歴史学講義。     
ISBN:
978-4-634-47508-3
シリーズ: 山川レクチャーズ 8
著者: マルク・ボーネ  河原温 
刊行:
2016年5月
仕様: B6変型判  ・  152ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
マルク・ポーネと中世都市史研究…川原 温

中世後期ヨーロッパの都市
  ――近代性の兆候と災禍

中世ネーデルラント 都市の「世界」か?
  ――ヨーロッパのコンテクストにおける都市史

高度に都市化された環境のなかの君主国家
  ――南ネーデルラントのブルゴーニュ公たち

参考地図 15世紀のブルゴーニュ公国最大領域と都市