中世ヨーロッパの教会と俗世

価格
本体1,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: ヨーロッパ中世社会のなかで,教会はいかなる役割を果たしたのか。教会の掲げる理念と社会の現実との緊張関係から,両者を読み解き,中世教会史研究の新たな潮流を示すフェルテン先生の歴史学講義。
ISBN:
978-4-634-47506-9
シリーズ: 山川レクチャーズ 6
著者: 甚野尚志  小山寛之  フランツ・フェルテン 
刊行:
2010年6月
仕様: B6判  ・  152ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
フランツ・フェルテンと中世教会史研究・・・甚野尚志
十二世紀の修道院と修道女
 プレモントレ会、シトー会と敬虔な女性たち

ひとつ屋根の下の教会と俗世
 ドイツ中世における聖堂参事会

アヴィニョン教皇庁の実像
 聖職禄授与政策とその影響


読者のための参考文献
フランツ・フェンテル主要著作