《シリーズ国際交流》2. 日本人と多文化主義

価格
2,090円 (税込)
在庫: 在庫あり
解説: 日本に民族問題は存在しないのか?アイヌ民族や在日外国人の実態などを通して,日本の内なる民族問題と多民族の共存のあり方を考える。
ISBN:
978-4-634-47120-7
シリーズ: シリーズ国際交流 2
著者: 石井米雄  山内昌之 
刊行:
1999年5月
仕様: 四六判  ・  280ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
はじめに
Ⅰ 日本にもある民族問題
    世界に開かれた日本列島―日本史の中の外国人
    人類館事件―近代日本の民族問題と沖縄
    言葉の重み―アイヌの歴史と文化
    滞日韓国人と国内少数民族問題
    在日中国人・中国系人―人間国際移動・民族問題の視点から
    小錦の横綱問題と攘夷の精神
    「在日イラン人」の明暗
Ⅱ 国と民のあいだ
    アメリカの中の日本とアジア
    ジャパンという文化的遺伝子―日系アメリカ人の自己探求の旅
    インドネシアと日本のはざまに揺れる「こころ」
           ―日本人のインドネシア渡航の歴史
    「多民族性」を自覚するベトナム
    民族をめぐる二つの書物
       ―山内昌之「民族と国家」・梶田孝道「新しい民族問題」
Ⅲ 世界と日本のあいだ
    座談会 日本の内なる民族問題
           ―もはや後戻りできない日本の多民族化
    対談 多民族の共存に向けて思想の大きな転換を
           ―井上ひさし「國語元年」をめぐって
Ⅳ 開発途上国の人びとと対等につき合うために
    日本の文化と社会構造の組換え
あとがき