《宗教の世界史》08.キリスト教の歴史1 初期キリスト教~宗教改革

価格
本体3,500円 + 税
在庫: 在庫あり
解説: 聖と俗の両面から歴史のなかの宗教を見直し,宗教から世界の歴史を考える新シリーズ。
教会史ではなく,キリスト教と国家・政治,社会,文化との関わりを通観する。民衆の心性にも着目し,宗教と人間の関わりを考えるとともに,アジア・アフリカについても言及して,キリスト教の世界的広がりを示す。「キリスト教用語解説」など付録も充実。第1巻はキリスト教の成立から三十年戦争まで。
ISBN:
978-4-634-43138-6
シリーズ: 宗教の世界史 8
著者: 松本宣郎 
刊行:
2009年8月
仕様: 四六判  ・  352ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細をみる
目次:
序章 世界史のなかのキリスト教
    現代世界と宗教
    歴史のなかのキリスト教
    本二巻の視点と構成
第1章 キリスト教の成立
  1 原始キリスト教の成立
    キリスト教の母体としてのユダヤ教
    ユダヤ教の諸勢力
    ヘロデ王国
    ディアスポラのユダヤ人
    イエスの登場
    十字架への道
    原始教団
    使徒パウロ
    パウロの時代の教会
  2 初期キリスト教とローマ帝国
    ローマ大火とネロの迫害
    一世紀末のキリスト教
    プリニウスとキリスト教徒
    民衆による迫害
    ローマ帝国各地のキリスト教徒
    初期キリスト教徒の心性
    キリスト教と社会
  コラム
    キリスト教についての外部の証言
  3 初期キリスト教会の内実
    新約聖書
    使徒教父
    西方教会における新約正典化
    さまざまな文書
    教会の職制
  コラム
    「ユダの福音書」
第2章 古代世界の衰退とキリスト教の進展
  1 大迫害からコンスタンティヌス革命へ
    三世紀の危機
    キリスト教の進展と迫害の新展開
    デキウスの迫害
    ウァレリアヌスの迫害とガリエヌスの平和
    三世紀末のキリスト教の成長
    ディオクレティアヌスの登場
    大迫害の開始
    迫害帝ガレリウスとマクシミヌス
    ミラノ会談
    コンスタンティヌス革命
  コラム
    ペルペトゥア-北アフリカの殉教者
    異教の残存
  2 キリスト教ローマ帝国
    ドナティスト
    アタナシオスとアリウス
    修道士と修道院
    キリスト教的文化の進展
    帝国を越えた伝道
  コラム
    キリスト教徒と暴力
    人間アウグスティヌス
  3 キリスト教世界の拡大
    ローマ教会の権威
    ネストリオスとエウテュケスの異端
    古代末期から中世へ 
第3章 西ヨーロッパ世界の成立とキリスト教
  1 中世的教会の成立
    フランク王国とローマ教皇
    カロリング時代のキリスト教
    伝道活動の光と影
  コラム
    コンスタンティヌスの寄進
  2 封建社会のなかのカトリック教会
    「 
刊行にあたって:
テロの脅威とともに明けた21世紀。世界では局地的な戦争も多発し、これらさまざまな対立を背後に、「宗教」の影が見え隠れしています。宗教は現在の世界を考えるうえで、不可欠な要素です。
本シリーズでは、単に各々の宗教の歴史を通観するのではなく、人びとの生活のなかに息づく信仰に踏み込み、各宗教の地域的な広がりにも着目して、現実に宗教が人間の歴史にどうかかわってきたのか、聖と俗の両面から「歴史のなかの宗教」を考えます。